シェルフ(棚板)の互換性

スチールワイヤーラック主要3社と山善とニトリの
主要サイズのシェルフ(棚板)の寸法を比較してみました。
(もっともサイズバリエーションの少ないニトリを基準にしてみました。)






































60幅 90幅 120幅
ニトリCMS 61×46 91×46 120×46
山善 メタルシェルフ 61×45.5 91(92)×46 121(122)×46
メタルシェルフSR 61×45.5 91×45.5 122×45.5
メタルラック 61×46 91×46 120×46
ルミナスラック 61×46 91.5×46 121×46
ホームエレクター 60×45 90×45 120×45
※単位:cm ※コーナン・ライフレックスはルミナスラックと同じ
実測ではなくあくまでカタログ値なのですが、
だいたいは各社ともに同じくらいのサイズだとは言え、
思った以上に微妙にサイズが違っているという感じですね。
もっともサイズが異なるのはホームエレクター。
実測値でもピッタリとこのサイズです。
そして意外と、ニトリCMSとメタルラック(アイリスオーヤマ)が同じ寸法。
山善はどうも表記がいい加減で、
同じシリーズでも商品によって表記が異なっているんですが、
さすがルミナスラック(ドウシシャ)をコピーしたと言われるだけあって、
サイズが近い感じがします。
さすがに今回の比較を基に実際に実物で互換性を試すのは難しいんですが、
スチールの場合は微妙に曲がるので、
上記を参考に互換性を試す参考にしてもらえたら良いんじゃないかなと思います。
もちろん、敢えて違うメーカーのものを組み合わせることは推奨しませんが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク