コーナン・ライフレックスはルミナスラックと互換性あり

主に関西が地盤ですが最近は関東や東北にも進出しつつある
ホームセンター・コーナン。
関東ではホームセンターと言えばもともとDIYショップのことを指しますが、
関西ではバッタ屋、ディスカウントショップのイメージが強いのも、
コーナンが幅を利かせている影響なんじゃないかと個人的には思います。
ちなみにコーナンってガソリンスタンドを経営していたんですが、
私はガソリンスタンド経営しているんだと思っていましたが、
実はコーナンの母体である港南株式会社は石油販売業。
ガソリンスタンドもやっているんじゃなくて、
もともとがガソリンスタンドだったわけです。
ってなわけで、コーナンのロゴマークもアルファベットの「C」かと思ってたんですが、
これはオイルが1滴垂れる様子をシンボルにしたものだそうで。
ちなみにコーナンは2008年に石油販売業務を伊藤忠に売却し、
すでにその分野からは撤退しているそうです。
それはさておき・・・そのコーナンのプライベートブランドがLIFELEX(ライフレックス)。
関西でライフレックスと言ったら、そりゃあメジャーなブランドです(笑)
日用品から大工道具まで様々なアイテムが用意されていますが、
その中にスチールワイヤーシェルフも用意されています。
しかしその売場を見るとあきらかにルミナスラック(ドウシシャ)っぽい。
というか、何から何まで似ているというより、
実際にルミナスラックのパーツが販売されていたりするわけです。
で、色々と検証してみた結果、
私はライフレックスはドウシシャが製造しているものと判断しました。
コーナン・ライフレックスにはルミナスラックのパーツがそのまま使えますし、
逆もまた然りです。
まあそんなわけで、基本的には値段はそんなに変わらないんですけれども、
コーナンの特売の際にはかなり安く手に入る場合があります。
幅900奥行450高さ1800mmタイプが3,980円で手に入ったりするのです。
ですからコーナン・ライフレックスは穴場的にオススメ。
お近くに店舗がある場合は是非ご利用をオススメします。
ただし一つ注意があるのですが、コーナンは過去に何度も、
スチールワイヤーラックの取り扱い商品を切り替えています。
過去にはSouthernPort(サザンポート)というPB商品であったり、
比較的最近ではメガメタルラックというアイリスオーヤマ製造と思われる
商品を扱っていた時期もありました。
ですから「コーナンで買ったからルミナスの部品が使える」と考えるのは早計。
ルミナスラックのオプションパーツが使えるのは
LIFELEX(ライフレックス)のブランドタグが付いたものだけです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク