ナフコのメタル系スチールラックのラインナップと互換性について

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ナフコ21スタイル和泉店

ホームセンター東の雄と言われた島忠に対し、西の雄であるナフコ。ともに家具販売を祖業とするホームセンター大手です。

しかしながら、取扱商品の性質は大きく異なります。島忠はニトリ傘下となってからオリジナル商品を増やしつつありますが、もともとはプロパー商品ばかり扱っていました。対してナフコは昔からオリジナル商品をたくさん扱っています。

しかも、ナフコは単に自社の粗利率を高めるためにオリジナル商品を揃えるのではなく、消費者にとってメリットのある商品を開発する傾向があります。このあたりが私も昔からナフコを愛している所以です。

スチールワイヤーシェルフ関連についても然り。今回はナフコのラインナップをチェックしつつ、他社製品との互換性の確認、価格やスペックの比較をしてみたいと思います。

※この記事は2023年10月1日時点の情報に基づいています

ナフコのラインナップ

ポール直径25mm ワイヤーラック

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
N25-9015-4 915×460×1555 4枚 65kg 260kg 付き 7,980円
N25-9018-5 915×460×1785 5枚 325kg 8,780円
ワードローブ
N25-9018-3
3枚 195kg 8,780円

※高さはキャスター使用時、耐荷重はアジャスター脚使用時 ※いずれも2023年10月1日現在のナフコオンラインストアでの税込価格(以下同)

ポール直径19mm ワイヤーラック

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
N19-6051-3 595×345×510 3枚 付き 4,980円
N19-6090-3 595×345×940 5,780円
N19-6012-4 595×345×1245 4枚 5,980円
N19-6015-5 595×345×1555 5枚 65kg 325kg 6,980円
N19-7590-3 745×345×940 3枚 5,980円
N19-7512-4 745×345×1245 4枚 6,980円
N19-7515-5 745×345×1550 5枚 8,780円

※N19-6015-5以外の耐荷重は未確認です

ポール直径19mm スチールラックNBK

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
NBK6090 600×300×940 3枚 20kg 60kg 付き 4,980円
NBK60120 600×300×1240 4枚 80kg 5,780円
NBK7590 750×300×940 3枚 60kg 5,780円
NBK75120 750×300×1240 4枚 80kg 6,780円

ポール直径12.7mm ミニラック

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
N12-2045-3 200×450×465 3枚 30kg 90kg なし 4,480円
N12-3045-3 300×450×465 4,980円

ポール直径25mm レイリー

ナフコ21スタイル・フリーシェルフ レイリー1218-5:395182

出典:ナフコ21スタイル

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
1218-5 1215×410×1785 5枚 80kg 400kg 付き 12,800円

※高さはキャスター使用時、耐荷重はアジャスター脚使用時 ※いずれも2023年10月1日現在のナフコオンラインストアでの税込価格(以下同)

ポール直径19mm レイリー

ナフコ21スタイル・フリーシェルフ レイリー9018-5:227681

出典:ナフコ21スタイル

品番 サイズ(mm) 棚板枚数 耐荷重/段 全体耐荷重 キャスター 税込価格
4560-3 445×295×690 3枚 65kg 195kg 付き 4,980円
4590-4 445×295×990 4枚 260kg 5,480円
6051-3 595×295×510 3枚 195kg 4,980円
6090-3 595×295×940 3枚 195kg 5,480円
6012-4 595×295×1245 4枚 260kg 5,980円
6015-5 595×295×1550 5枚 325kg 6,980円
7590-3 745×295×940 3枚 195kg 5,980円
7512-4 745×295×1245 4枚 260kg 6,480円
9015-4 895×395×1550 4枚 260kg 7,980円
9018-5 895×395×1780 5枚 325kg 9,480円
カバー付ワードローブ
7518WR
745×445×1860 不明 90kg 8,980円

ナフコではドウシシャ「ルミナス互換ラック」同等品のポール直径25mmおよび19mmのワイヤーラックを中心としたラインナップです。それに加え、今となっては珍しいポール直径12.7mmの「ルミナス・スーパーライト」をオリジナルの「ミニラック」として扱っています。

ホームセンター各社がルミナス互換ラック同等品を扱う例は多いのですが、クリアコーティング(防錆加工)を施していない、もしくはその表示をおこなっていない系列が多数を占める中、ナフコはクリアコーティングを施した仕様となっています。こういうところで妥協しない、消費者を馬鹿にしない姿勢が、実にナフコらしいと思います。

ナフコではポール直径19mmの「ルミナス・カラーラック」のホワイトとブラウンも扱っていますが、同じく19mmの「スチールラックNBK(Nブラック)」というラインナップも取り扱っています。ただし、こちらはドウシシャの商品ではなく、出どころは分かりません。

ナフコのインテリア専門店であるナフコ21スタイルでは、「ルミナス・ノワール」のようにマット調のブラックハンマートーン塗装を施した「レイリー」というシリーズも扱っています。レイリーはポール直径25mmのフリーシェルフが1型あるものの、残りはすべてポール直径19mmとなっています。

互換性について

ナフコで販売されているワイヤーラック各種はセット品のみで、「追加用の棚板や支柱はございません」と明示されています。確かにポール直径19mmのスチールラックNBKは製造元すら分りません。また、ポール直径12.7mmのミニラックにはそもそもオプションパーツの用意がないのでその通りでしょう。

一方で、ポール直径25mmおよび19mmのワイヤーラックは「ルミナス互換ラック」とまったく同じサイズですし、ドウシシャ製品であることも間違いありません。よって、ルミナスφ25mmパーツまたはルミナスφ19mmパーツが使える可能性は高いと考えられます。

レイリーは「ルミナス・ノワール」と同じ塗装色ですが、ノワールはポールの直径が25mmです。レイリーでポールの直径が25mmの商品は1つしかなく、しかも幅1215mmというサイズはノワールには存在しません。延長用ポールやキャスターを取り付けられる可能性はあるものの、確証が得られないというのが正直なところです。

ポール直径19mmのレイリーに関しては、サイズや色を揃えられるパーツは現時点では存在しません。

ルミナス互換ラック(EL25)との比較

販売元 ナフコ ドウシシャ
シリーズ ワイヤーラックN25 ルミナス互換ラック
棚板4枚 915×460×1555mm
7,980円
915×460×1555mm
6,980円
棚板5枚 915×460×1785mm
8,780円
915×460×1785mm
7,980円
ワードローブ 915×460×1785mm
8,780円
915×460×1785mm
5,980 円

※ルミナス互換ラックの価格はルミナスクラブショップの場合(2023年10月1日現在)

まずはナフコのポール直径25mmのワイヤーラックとルミナス互換ラック(EL25)を比較してみましょう。

棚板1枚あたりの耐荷重はナフコが65kgなのに対し、ルミナス互換ラックは80kgとなっています。しかしながら、構造自体はまったく同じなので、これは表示者の基準が違うだけと考えられます。

それ以外にスペック面で違いは見受けられません。にもかかわらず、価格はナフコのほうが約10~47%も高くなっています。ナフコが店頭で明示している通りオプションパーツがないのであればなおさら、ルミナス互換ラックを選んだほうが良いと言えるでしょう。

ルミナス互換ラック(EL19)との比較

販売元 ナフコ ドウシシャ
シリーズ ワイヤーラックN19 ルミナス互換ラック
W60
棚板3枚
595×345×510mm
4,980円
595×345×475mm
4,780円
595×345×940mm
5,780円
595×345×940mm
4,980円
W60
棚板4枚
595×345×1245mm
5,980円
595×345×1245mm
5,980円
W60
棚板5枚
595×345×1555mm
6,980円
595×345×1555mm
6,480円
W75
棚板3枚
745×345×940mm
5,980円
745×345×940mm
5,980円
W75
棚板4枚
745×345×1245mm
6,980円
745×345×1245mm
6,480円
W75
棚板5枚
745×345×1550mm
8,780円
745×345×1550mm
6,980円

※ルミナス互換ラックの価格はルミナスクラブショップの場合(2023年10月1日現在)

ポール直径19mmのワイヤーラックを「ルミナス互換ラック(EL19)」と比較すると、サイズ、価格ともに、ほとんど同じことが分かります。ただし、もっともコンパクトなサイズだけは、ルミナス互換ラックEL19はキャスターなし、ナフコはキャスター付きとなっています。

しかしながら、ほとんどのサイズがルミナス互換ラックのほうが安いです。よってポール直径19mmについても、ナフコが店頭で明示している通りオプションパーツがないのであればなおさら、ルミナス互換ラックを選んだほうが良いと言えるでしょう。

ニトリSTANDARDとの比較

販売店 ナフコ ニトリ
シリーズ スチールラックNBK スチールラックSTANDARD
棚板3枚 600×300×940mm
4,980円
645×295×800mm
2,990円
棚板4枚 600×300×1240mm
5,780円
645×295×1155mm
3,990円
棚板3枚 750×300×940mm
5,780円
845×295×800mm
3,490円
棚板4枚 750×300×1240mm
6,780円
845×295×1155mm
4,990円

※スチールラックSTANDARDの価格はニトリネットの場合(2023年10月1日現在)

ナフコのスチールラックNBKに近いサイズラインナップの他社製品を探しても、アイリスオーヤマの「カラーメタルラック」とはサイズバリエーションが異なるところが目立ちます。そこで、それよりは近いニトリの「スチールラックSTANDARD」と比較してみたいと思います。

それぞれ耐荷重の基準は異なるものの、一応ナフコは棚板1枚あたり20kg、ニトリは30kgとなっています。また、ナフコは幅60cmと75cmのサイズバリエーションのところ、ニトリはおよそ幅65cmと85cmと一回り大きくなっています。一方で、ニトリのほうが総じて高さは低いです。

このように単純比較できないところが多々あるものの、総じてニトリのほうが安いです。スチールラックSTANDARDはニトリの主力商品で販売ロットもかなり多いため、これについてはニトリのほうがコスパが良いと言えるでしょう。

ルミナス・スーパーライトとの比較

販売元 ナフコ ドウシシャ
シリーズ ミニラック スーパーライト
W20 200×450×465mm
4,480円
205×455×465mm
2,980円
W30 300×450×465mm
4,980円
305×455×465mm
3,480円

※ルミナス・スーパーライトの価格はルミナスクラブショップの場合(2023年10月1日現在)

ナフコのミニラックとドウシシャの「ルミナス・スーパーライト」ではサイズ表記に若干の違いが見られます。しかしながら、ドウシシャ製品であることに間違いはなく、耐荷重やクリアコーティングを実装している点も同じです。よって、まったく同じ商品と見ることが自然ではないかと思います。

その前提で言うと、ルミナス・スーパーライトのほうが安いです。敢えてナフコのほうを選ぶ理由はないでしょう。

ルミナス・ノワールとの比較

販売元 ナフコ ドウシシャ
シリーズ レイリーφ25 ルミナス・ノワール
5段 1215×410×1785mm
12,800円
1110×410×1785mm
14,800円

※ルミナス・ノワールの価格はルミナスクラブショップの場合(2023年10月1日現在)

ナフコのポール直径25mmのレイリーをもっともサイズが近い「ルミナス・ノワールNO1118-5」と比較してみるとどうでしょうか。かたや幅1215mm、かたや1110mm幅で、レイリーのほうがワイドな一方、価格はレイリーのほうが安くなっています。

ただし、レイリーのポール直径25mmはこのサイズしかなく、オプションパーツの用意もありません。ノワールならサイズバリエーションもオプションパーツも豊富です。個人的にはノワールを買ったほうが良いと感じます。

カラーメタルラックとの比較

販売元 ナフコ アイリスオーヤマ
シリーズ レイリーφ19 カラーメタルラック
W45
3段
445×295×690mm
4,980円
445×325×720mm
4,040円
W45
4段
445×295×990mm
5,480円
445×325×1025mm
5,400円
W60
3段
595×295×510mm
4,980円
595×295×940mm
5,480円
550×350×800mm
4,280円(キャスター別)
W60
4段
595×295×1245mm
5,980円
550×350×1230mm
4,900円(キャスター別)
W60
5段
595×295×1550mm
6,980円
W75
3段
745×295×940mm
5,980円
W75
4段
745×295×1245mm
6,480円
750×350×1230mm
5,480円(キャスター別)
W90
4段
895×395×1550mm
7,980円
W90
5段
895×395×1780mm
9,480円
カバー付
ワードローブ
745×445×1860mm
8,980円
750×450×1820mm
9,480円

※カラーメタルラックの価格はアイリスプラザの場合(2023年10月1日現在)

ナフコのポール直径19mmのレイリーに近いラインナップのシリーズは他に見当たりません。強いて言えばアイリスオーヤマの「カラーメタルラック」かなということで比較してみたいと思います。

サイズバリエーションはレイリーのほうが多いです。また、レイリーは棚板1枚あたりの耐荷重がすべて65kgなのに対し、カラーメタルラックは15~50kgとなっています。

一方で、価格は総じてカラーメタルラックのほうが安いです。ただ、どちらもオプションパーツの用意がなく、サイズバリエーションも違うので、どちらを選ぶべきかは決め手に欠くところです。

2023/10/02追記:レイリーφ19mmはコーナンの「LIFELEXカラーラックφ19ブラック」にも近いかもしれません。ただし、幅は75cmまでで、ワードローブもありません。

 

以上、ナフコのワイヤーラック各種は色々とこだわりが感じられるとともに、他社との競合についてもよく考えられたラインナップだと思います。ただ、総じて価格は安くありません。特にネットで比較されてしまうとひとたまりもない印象です。

個人的にはクロームメッキ系ならルミナス互換ラックをチョイスしたほうが良いと思います。また、ブラック系で拡張性を期待するならルミナス・ノワール、とにかく価格重視の場合はニトリで良いのではないでしょうか。

関連記事
コメリのメタル系スチールラックのラインナップと互換性について
コメリのメタル系ラックはプライベートブランド「アテーナライフ」でポール直径25mmの「システムラック」と19mm の「システムスリムラック」の2本柱。売れ筋サイズに絞り込むことで低価格を訴求しつつ、高耐荷重の「重量システムラック」も扱っているところがニクイです。
カインズのメタル系スチールラックのラインナップと互換性について
カインズのメタル系ラックはポール径19mmの「インテリアシェルフ」がメインで、ポール径25mmの「インテリアラック」はラインナップが少ないです。基本的に他社製品とは互換性がないと思われます。ニトリと比較すると価格で負け、ルミナス互換ラックと比較すると品質で負けます。
コーナン「ライフレックス」メタルシステムラックはルミナスと互換性あり
コーナンのプライベートブランド「ライフレックス」のメタルラック(システムラックα)はドウシシャのルミナスラックと互換性があります。ただし、過去のサザンポートやメガメタルラックはルミナスラックとは互換性がありません。
ニトリ「スチールラックCUSTOM」と他社メタル系シェルフの互換性は?
ニトリ「スチールラック」とドウシシャ「ルミナスラック」やアイリスオーヤマ「メタルラック」の互換性について。ポール直径22mmの「CUSTOM」に関しては他社25mmとの互換性は基本的にないです。同19mmの「STANDARD」なら他社19mmと組み合わせできる可能性はあるものの、テーパーが滑ったり固かったりすることはあると思います。
プロフィール
この記事を書いた人
収納マン

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年余りの収納&インテリアのプロ。これまでたくさんのワイヤーシェルフを組み立ててきました。独身時代はエレクターを中心としたコーディネートで、その後もメタルラックやルミナスラックを愛用しています。詳しいプロフィールはこちら

収納マンをフォローする
ホームセンター互換性
収納マンをフォローする

コメント