棚板耐荷重1枚当たり40kg!頑丈でコストパフォーマンスの高い天井つっぱり式の本棚

木製の本棚にたくさん本を収めて、
棚板がたわんでしまった経験はないでしょうか?
組立家具に多いのは棚板1枚あたりの耐荷重が10kg程度のもの。
対して幅90cm程度の本棚の1段にずらっと単行本を並べた場合、
その重量は棚板1枚あたりの耐荷重を超える25kgほど。
棚板がたわんでしまうのは至極当然なわけです。

木製棚板の場合、芯材がフラッシュ合板(=中空構造)ではなく、
いわゆるベタ芯(=パーティクルボードが詰まった構造)であったり、
ハニカムコア合板LVL合板といった強度の高い合板であったり、
棚板の厚みが25mm以上のものであれば、
棚板1枚当たりの耐荷重が30kgを超えることもありますが、
それ以上となるとやはり金属製または
金属部品とのハイブリットである必要
があると言えるでしょう。

↑アルミで補強されたハニカムコアの棚板で
棚板1枚あたりの耐荷重40kgを実現した本棚
言わずもがな、こういった書棚は結構お値段も高いですが、
スチール製であればもっと安く済みます。

こういうスチール製の本棚は私も子供部屋で使ってましたが、
シンプルかつ合理的で良いと思います。
ただし、意外ですが、これは棚板1枚当たりの耐荷重は15kgしかありません。
下の商品に至っては、耐荷重の記載がありません・・・あせあせ

対して、【ルミナス19mm】ルミナスフィール
突っ張りテンションラック10段 MD90-10T

【ルミナス19mm】ルミナスフィール突っ張りテンションラック10段 MD90-10T
棚板1枚あたりの耐荷重は40kg
幅約90cmで10段ですから単行本850冊くらいOK。
一般的なスチールワイヤーシェルフとワイヤーの向きが異なるので、
普通に本を並べてもすき間から落ちることはありませんし、
サイドにはサポート柵があるので横から落ちる心配もナシ。
しかも、突っ張り式、可動式のディバイダー(本立て)付き。
これで2万円もしないのですからコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。
もちろん、他のルミナス19mmシリーズのオプションが使えますし、
拡張性が高いというのもこれを選ぶ大きなメリットです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク