ルミナスブロンズシリーズ【ポール径19mm】フリーラック3段60W [BRZ6090-3]

昨年の秋か冬あたりに発売されたルミナスブロンズラックを
実際に組み立ててみましたので、そのレポートをお送りします。
ルミナスブロンズシリーズ【ポール径19mm】フリーラック3段60W [BRZ6090-3] 幅59.5×奥行34.5×高さ94cm
まずこちらがパッケージ。至って普通です。
ルミナスブロンズラック・パッケージ
ポールを取り出していると、剥がれたメッキが!!
どこか打ったか!?
メッキが剥がれた
どうやらポールの内側のものが剥がれたようで。
つまり外見にはまったく問題なく、
むしろ隅々まで丁寧にメッキした結果だと思います。
組み立て方も至って普通。30分もせずに完成。
完成
とにかくブロンズメッキと磨き加工が美しいです。
ヘアライン仕上げされたブロンズメッキ
色合いと言い、ディテールと言い、主張が強くないので、
スチールワイヤーシェルフながら部屋のインテリアに合わせそうです。
特にアイアン調の家具などが好きな女性にオススメですね。
一応、専用のブランドロゴの入ったバッヂが付いています。
ルミナスのバッヂ
今回組み立てたのはポール径19mmのものでしたが、
25mm径が2モデル、
19mm径が3モデル、
12.7mm径が4モデルと、
新商品ながらラインアップは最初から多く投入されています。
メーカーの力の入れ具合はなかなかのものです。
このシリーズ、品質的にはまったく問題ありません。
むしろスチールワイヤーシェルフは見た目で敬遠されがちですが、
これなら受け入れられやすいかなぁと思います。
また、磨き加工で手間が掛かっている割りには安いというか、
レギュラーのルミナスラックと比較しても高くありません。
あとは安定的に売れてくれれば定番化するのですが・・・
さて、どうなんでしょうね?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク